loader image
市川真樹

TEAM

市川 真樹

Maki Ichikawa

BeautyJapanFUJIYAMA2022グランプリBeauty
BeautyJapanFinal2022グランプリ×特別賞 W受賞

message

山梨のイチゴとブドウ農園【いちかわベリーハウス】3代目、市川真樹です。

“農業のネガティブなイメージを変えたい!”
“農業と山梨を盛り上げたい!”
そして
“より多くの人に農業へ興味を持ってもらいたい!”と日々の発信をしていたところ
「BeautyJapanにエントリーしてみませんか?…」
と突然届いたちょっぴり怪しいと思ったDMから約半年、私の活動の幅は大きく変化しました。

エントリーを決め、BeautyJapanへの“想い”をSNSで発信をすると私の想像を遥かに超えた人々が応援して下さり、
「頑張ってね!」「応援しているよ!」とこんなにも言われた半年は人生で初めてでした。
BeautyJapanに挑戦した事で、自分の事を応援してくれる人がこんなにいるという事を知る事が出来たのです。

それに加え、BeautyJapanへの挑戦と農業への想いを、地元で1番読まれている新聞に2度も大きく取り上げていただき、ニュース番組にも2度取り上げていただくことができ、地域の方々がとても喜んで下さり、地域貢献が出来たと感じる瞬間でもありました。

また、農園のInstagramのフォロワーはたった数ヶ月で約2000人も増え、今年の夏には自慢のブドウが爆売れしました。

そして何より、
「農業のネガティブなイメージが変わった!」
「私も農業やってみたい!」
「こんなに美味しいシャインマスカット初めて食べた!」などなど、嬉しい沢山お声をいただき、これは、“より多くの人に農業に興味を持ってもらう事“を目標に活動している私の想いに繋がったのです。

BeautyJapanに挑戦し
「私の使命はなんだろう?」と考え、自分自身ととことん向き合い、奮闘し得た経験と、出会いは私の想像を遥かに超えた価値のある物となりました。

その価値がどんな物なのか、沢山の女性に感じてもらいたいと感じております。